ALTANA|アルタナ|或る棚

静岡県富士市役所北裏通|カフェ・ライブラリー・インテリア・ギャラリー

9/7thu.本日も11:00〜オープン! 11:00-15:30ランチタイム 11:00-17:00カフェタイム 9/16sat.は、アーティスト山田ゆかさんの或る棚Gallery関連ワークショップ「カタチをデザインする箱」と夜のお茶会キャンドルナイト「或る棚Gallery×MUGTEA山田ゆか」を開催します!写真は当日のキャンドルナイト特別メニュー、アルタナ特製具だくさんサンド。照り焼きチキンとにんじんラペのサンド、だし巻き玉子のサンド。※若干変更の可能性あり。このプレートにスイーツサンドも付きます♪MUGTEAと共にお召し上がりいただけます! ご予約は、TEL0545-52-9504またはコチラからどうぞ→ワークショップ;http://culas-plus.jp/concept/11023.html キャンドルナイト;http://culas-plus.jp/concept/11025.html

9/7thu.本日も11:00〜オープン!
11:00-15:30ランチタイム
11:00-17:00カフェタイム
9/16sat.は、アーティスト山田ゆかさんの或る棚Gallery関連ワークショップ「カタチをデザインする箱」と夜のお茶会キャンドルナイト「或る棚Gallery×MUGTEA山田ゆか」を開催します!写真は当日のキャンドルナイト特別メニュー、アルタナ特製具だくさんサンド。照り焼きチキンとにんじんラペのサンド、だし巻き玉子のサンド。※若干変更の可能性あり。このプレートにスイーツサンドも付きます♪MUGTEAと共にお召し上がりいただけます!
ご予約は、TEL0545-52-9504またはコチラからどうぞ→ワークショップ;http://culas-plus.jp/concept/11023.html
キャンドルナイト;http://culas-plus.jp/concept/11025.html
9/7thu.本日も11:00〜オープン! 11:00-15:30ランチタイム 11:00-17:00カフェタイム 9/16sat.は、アーティスト山田ゆかさんの或る棚Gallery関連ワークショップ「カタチをデザインする箱」と夜のお茶会キャンドルナイト「或る棚Gallery×MUGTEA山田ゆか」を開催します!写真は当日のキャンドルナイト特別メニュー、アルタナ特製具だくさんサンド。照り焼きチキンとにんじんラペのサンド、だし巻き玉子のサンド。※若干変更の可能性あり。このプレートにスイーツサンドも付きます♪MUGTEAと共にお召し上がりいただけます! ご予約は、TEL0545-52-9504またはコチラからどうぞ→ワークショップ;http://culas-plus.jp/concept/11023.html キャンドルナイト;http://culas-plus.jp/concept/11025.html サンドイッチ 具だくさん キャンドルナイト MUGTEA 山田ゆか ワークショップ altana アルタナカフェ カフェ インテリア リノベーション ランチ アルタナ 或る棚 図書館 響木図書館 ブックカフェ cafe lunch book 本 セレクトショップ

【Cafe】Most Viewed Posts

146 views

ALTANA Concept

一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。

家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが私たちの永遠のテーマであり、願いです。

私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを感じさせてくれる存在でもあります。

誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。

そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方のヒントをつかむことができたら。

このたび、様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれるスペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。

杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々なケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・セレクトショップ・各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

follow/ Share