ALTANA

アルタナ/ALTANAcafé/或る棚Gallery/響木図書館

アーブルファブリックのクッション&ストラップ試作!

こんにちは。アルタナスタッフです。

来たる2月18日(土)から始まる或る棚Gallery「親子アートユニット アーブル美術館の棚」展

本展のために作り、販売するオリジナルクッションと3月18日(土)に開催するワークショップで参加者に作って

いただくミニクッション付きストラップを試作しました!!

オリジナルクッション試作品

あの、マネの『笛を吹く少年』の贋作が立体に!!!

上の写真はオリジナルクッションの試作品。実際はもう少し大きいサイズになる予定です。

ソファに置いたらバッチリ映えますね!

5-hyoushi

フリーマガジン『暮らす、プラス。』最新刊の表紙にもなっているこちらの絵。

まさに絵から飛び出したかのような存在感です(^o^)

種類は他にフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』の贋作、アンリ・ルソーの『人形を持つ子供』の贋作を制作予定です!

ストラップ試作品1

 

こちらの写真は、3/18(土)13時から開催するワークショップ「アーブルファブリックでミニクッション付きストラップをつくろう!」の試作品。

試作はまだ、紙製なのですが…中に綿を詰め、サイズも実寸で作っているのでイメージをつかんでいただけるかと思います。

当日のワークショップでは、途中まで縫ってある布に綿を詰め、紐とボールチェーンを付けて縫い止めていただく作業をしていただきます。

参加者募集中!ワークショップのお申込みはコチラからどうぞ。

また当日の夜はキャンドルナイトでアーブル美術館ギャラリートーク対談も開催します。

キャンドルナイトのお申込みはコチラから。

アーブルファン必見!どちらもお早目のご予約を。お見逃しなく!

ALTANA Concept

一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。

家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが私たちの永遠のテーマであり、願いです。

私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを感じさせてくれる存在でもあります。

誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。

そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方のヒントをつかむことができたら。

このたび、様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれるスペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。

杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々なケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・セレクトショップ・各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

follow/ Share