ALTANA|アルタナ|或る棚

静岡県富士市役所北裏通|カフェ・図書館・インテリア・家具・リノベーション・ギャラリー

アルタナの丁度良い”しつらえ”

丁度良い”しつらえ”

concept


「しつらえ」とは、誰かのために整えたり、準備するという意味。
日本には古くからの表現で、身辺で用いる道具や家具、
装飾品などを表わす「調度品」工芸品を日常使いする
「民藝品」などがあり、使い心地の良さと
佇まいの美を両立したいという考えが根付いています。

アルタナの語源である「或る棚」は「或るひとつの棚」を意味し、
モノを置くという機能を越えて、

そこに宿る個性やアイデンティティを示す自己表現の場でもあります。

部屋や或る棚の「しつらえ」のために、ひとつひとつを
吟味して選ぶ愉しみや喜びは格別です。

ハナレ・アルタナには、長く使えるシンプル且つ良質な家具、
一点モノの天然木一枚板のオーダー家具やグリーンや生活雑貨、
「部屋を考える」をコンセプトにセレクトした書籍、
手に届くアートなど、使い心地の良さと佇まいの美を兼ね備えた
「丁度良い」アイテムが並びます。

家族や我が家を訪れるお客様、 そして自分のための部屋と或る棚の
丁度良い「しつらえ」。
アルタナと一緒に考えてみませんか?

Concept Show

News Story
instagram

ムクテン

無垢一枚板の家具

Primitive Modern Furniture

MUKUten.
concept

天然無垢の天板。

昔から大工さんたちから”ムク “の”テン”バンと呼ばれています。

MUKU-TEN は、数十年数百年の歳月を経てつくられる無垢の
一枚板を、もっと身近な暮らしの中に取り入れていただきたい
という願いを込めてスタートした、
オリジナル家具ブランド。


原始より自然の中で培われた樹木の魅力やエネルギーには、
圧倒的な力強さがあります。
素材そのものを大切に、現代的なデザインに落とし込んだ 

MUKU-TEN。

それは正に、プリミティブ·モダン·ファニチャー。
封種と育った環境により異なる、色,カタチ,査目などの表情、
時を刻んだ証を読み取れる年輪は、
自然が描いた「アート」。

一枚の板が空間と暮らしを変えます。
どれも唯一無ニの一点モノだからこそ感じる物語は、

そこから先の出会いを待っています。

あなただけの「一枚板」と物語の続きを 

MUKU-TEN で、はじめてみませんか。

MUKUten. more →

Concept Show

ALTANA Column

SELECTED
FURNITURE

椅子Chair Show

ソファSofa Show

テーブルTable Show

Shop Info

〒417-0054 静岡県富士市永田67-17 1F 
(富士市役所北裏通りアルタナカフェ向かい)

TEL:0545-51-8700
 FAX:0545-51-8711

駐車場 15台 
(アルタナカフェ・第一建設共用)

<OPEN>
(金)(土)(日)(月)
11:00-17:00

<CLOSED> 
(火)(水)(木)

<店休日ご来店予約>
17:00-19:00は 前日
(火)(木)は3日前迄の
ご来店予約でOPEN可能
となる場合があります。
お気軽にお問い合わせください。

 

 OPEN 11:00 – 17:00  金・土

417-0054 静岡県富士市永田 67-17
富士市役所北裏通り
アルタナカフェ向かいシゲノブビル1F
<駐車場>
店舗隣10台
<お問合せ>
0545-51-8700

HANARE ALTANA ACCES MAP

ALTANA CONCEPT

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。
家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが
私たちの永遠のテーマであり、願いです。


私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の
内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを
感じさせてくれる存在でもあります。


誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を
垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。


そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方の
ヒントをつかむことができたら。


様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれる
スペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。


ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ
「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を
持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々な
ケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・家具・インテリア・建築・
各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば
過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

コンセプトShow