ALTANA|アルタナ|或る棚

静岡県富士市役所北裏通|カフェ・図書館・インテリア・家具・リノベーション・ギャラリー

, …

持塚さんと子どもたちの共作ガラス絵

.<br /><noscript><img alt= リフォーム・リノベをお考えの方必見!
︎バスツアーのお知らせ︎
.
◆2月2日(土) 8:30〜
◆集合場所:第一建設富士本社
◆参加費:無料!
.
東京ビッグサイトにて開催される
「住まいの博覧会」へのバスツアーです!
.
「住まいの博覧会」ではあらゆる住宅設備メーカーのブースが出展。
住まいづくりを考えるうえで知っておきたい情報盛りだくさん。
まるで巨大なショールーム見学!ご家族で楽しんでいただけるイベントです。
.
帰りはちょっと寄り道、浅草観光を楽しんでいただくことができます♪
.
ご家族やご友人とで楽しんでいただける、毎年人気のバスツアーです。
.
.
.
・・・・・・・・・・・・・・・・
詳細問い合わせ・参加申し込みは
◆https://www.daiichikensetsu.co.jp/event/?p=10039へアクセス
◆電話 0545-52-9064(担当:坪井)
◆DM @altana_renovation
上記いずれかの方法でお願い致します。
.
まだ若干の空きがございます。
皆様のご参加、お待ちしております!
.
#バスツアー #イベント #東京ビッグサイト #住まいの博覧会 #住まいづくり #住宅設備 #浅草 #浅草観光" src="https://scontent.cdninstagram.com/vp/7c1d065549d600422f39970d4455ea1b/5CE78614/t51.2885-15/sh0.08/e35/s640x640/50633121_1328102504019340_6839964458951676990_n.jpg?_nc_ht=scontent.cdninstagram.com" class="image ">




.
リフォーム・リノベをお考えの方必見!
︎バスツアーのお知らせ︎
.
◆2月2日(土) 8:30〜
◆集合場所:第一建設富士本社
◆参加費:無料!
.
東京ビッグサイトにて開催される
「住まいの博覧会」へのバスツアーです!
.
「住まいの博覧会」ではあらゆる住宅設備メーカーのブースが出展。
住まいづくりを考えるうえで知っておきたい情報盛りだくさん。
まるで巨大なショールーム見学!ご家族で楽しんでいただけるイベントです。
.
帰りはちょっと寄り道、浅草観光を楽しんでいただくことができます♪
.
ご家族やご友人とで楽しんでいただける、毎年人気のバスツアーです。
.
.
.
・・・・・・・・・・・・・・・・
詳細問い合わせ・参加申し込みは
◆https://www.daiichikensetsu.co.jp/event/?p=10039へアクセス
◆電話 0545-52-9064(担当:坪井)
◆DM @altana_renovation
上記いずれかの方法でお願い致します。
.
まだ若干の空きがございます。
皆様のご参加、お待ちしております!
.
#バスツアー #イベント #東京ビッグサイト #住まいの博覧会 #住まいづくり #住宅設備 #浅草 #浅草観光

ALTANA CONCEPT

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。
家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが
私たちの永遠のテーマであり、願いです。


私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の
内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを
感じさせてくれる存在でもあります。


誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を
垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。


そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方の
ヒントをつかむことができたら。


様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれる
スペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。


ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ
「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を
持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々な
ケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・家具・インテリア・建築・
各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば
過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

コンセプトShow

follow/ Share