ALTANA|アルタナ|或る棚

静岡県富士市役所北裏通|カフェ・図書館・インテリア・家具・リノベーション・ギャラリー

或る棚 Gallery

Yuri Ashizawa
Solo
Exhibition

Besso ALTANA  × HANARE ALTANA

Previous
Next
Previous
Next

インテリアショップHANARE ALTANA企画展

Yuri Ashizawa Solo Exhibition OPEN!!

2020.8/1(土)~30(日)

10:00~16:00

定休日 火・水

富士市富士見台Basso ALTANAモデルハウス HIBIKI THE MIRAIを会場とし、

2020年8月1日(土)~30日(日)OPEN 10:00~16:00(※定休日;火・水)の会期で、或る棚Gallery 芦澤有里展「calm」を開催いたします。

住まいに欠かせない「棚」を彩る様々なクラシノカタチ。

或る棚(アルタナ)から派生した、Besso ALTANA(ベッソ・アルタナ)のモデルハウスHIBIKI THE MIRAIにて、

暮らしに溶け込むアートワークスをご覧いただきます。

眼に映る事象や対象物を柔らかに捉え、軽快なラインと優しい色彩で再構築したAbstractが新鮮かつ、

どこか懐かしくも感じる不思議な感覚。やさしい気持ちに包まれる芦澤有里の世界をご堪能ください。

ペインティング・ドローイング・コラージュ・クレイストーンの半立体作品等、10数点展示販売いたします。

 

MIRAIでは、季節や時の流れを感じます。

自然と呼吸が深くなり、心穏やかに過ごすことができるこの場所で「calm」という言葉が浮かびました。

「calm」は、穏やかな~という意味。

心穏やかに暮らしてゆくことは、大切な人を大切にする生き方だと思っています。

MIRAIでみつけたcalmを描き起しました。

芦澤 有里




企画展に合わせて、会期中8/16(日)に作家の芦澤有里さんによるワークショップを開催いたします。



ワークショップ「粘土でつくる夏のブローチ」

日時;2020年8月16日(日)13:00~15:00
講師;芦澤有里(現代美術作家)
参加費;1,500円(材料費・税込み)
持ち物;エプロン
対象;小学生以上(大人も大歓迎!)
おひとり様3個作れます。
定員;6名
会場;富士市富士見台 Besso ALTANAモデルハウス「HIBIKI THE MIRAI」



モデルハウスで芦澤さんの展覧会を鑑賞した後に、
小学生のお子様から大人までオリジナルのブローチを作ってみませんか?


石塑粘土という軽く、扱いやすい素材を使うので、短時間で着色~完成できます!





芦澤さんのポップでカラフルな作品からインスピレーションを受けて、
色柄を自由に考えて、自分だけの素敵なブローチを作りましょう!





この夏、服やバッグに付けて自慢できる手作りブローチ♪
ぜひ、ご参加ください!

ワークショップお申込み

Culas+ WEB申し込み

もしくは、
下記電話申し込み

インテリアショップHANARE ALTANA
TEL 0545-51-8700



Profile



芦澤 有里 Yuri Ashizawa

1986年 静岡県富士市生まれ

2008年 常葉学園大学 造形学部造形学科 油画専攻 卒業

現在、静岡県富士市を拠点に制作活動を行う。


会場MAP 
Besso ALTANA[ベッソアルタナ]
富士市富士見台5-2-1

会場
BessoALTANA
MIRAIの家

コーディネート展示家具

ALTANA CONCEPT

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。
家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが
私たちの永遠のテーマであり、願いです。


私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の
内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを
感じさせてくれる存在でもあります。


誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を
垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。


そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方の
ヒントをつかむことができたら。


様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれる
スペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。


ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ
「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を
持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々な
ケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・家具・インテリア・建築・
各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば
過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

コンセプトShow