ALTANA|アルタナ|或る棚

静岡県富士市役所北裏通|カフェ・図書館・インテリア・家具・リノベーション・ギャラリー

昨晩のALTANA夜カフェは、静岡県の劇団SPACの台本を読む体験「リーディングカフェ」でした。俳優奥野晃士さんナビゲートのもと11月静岡芸術劇場にて公演予定のフランツ・カフカ「変身」の一幕をリーディング。店内が舞台の稽古場に大変身!時間を忘れて盛り上がりました!ご参加の皆様ありがとうございました。 舞台芸術作品の創造と上演とともに、優れた舞台芸術の紹介や舞台芸術家の育成を事業目的として活動しているSPAC「変身」の公演スケジュールは→ http://spac.or.jp/die_verwandlung_2017.html 修善寺、三島、沼津駅から劇用までの無料観劇バスがあるそうです!

昨晩のALTANA夜カフェは、静岡県の劇団SPACの台本を読む体験「リーディングカフェ」でした。俳優奥野晃士さんナビゲートのもと11月静岡芸術劇場にて公演予定のフランツ・カフカ「変身」の一幕をリーディング。店内が舞台の稽古場に大変身!時間を忘れて盛り上がりました!ご参加の皆様ありがとうございました。<br /><noscript><img alt= 舞台芸術作品の創造と上演とともに、優れた舞台芸術の紹介や舞台芸術家の育成を事業目的として活動しているSPAC「変身」の公演スケジュールは→ http://spac.or.jp/die_verwandlung_2017.html
修善寺、三島、沼津駅から劇用までの無料観劇バスがあるそうです!" src="https://living-d.jp/altana/wp-content/uploads/2017/09/昨晩のaltana夜カフェは、静岡県の劇団spacの台本を読む体験「リーディング.jpg" class="carousel wp-image-1355">



昨晩のALTANA夜カフェは、静岡県の劇団SPACの台本を読む体験「リーディングカフェ」でした。俳優奥野晃士さんナビゲートのもと11月静岡芸術劇場にて公演予定のフランツ・カフカ「変身」の一幕をリーディング。店内が舞台の稽古場に大変身!時間を忘れて盛り上がりました!ご参加の皆様ありがとうございました。
舞台芸術作品の創造と上演とともに、優れた舞台芸術の紹介や舞台芸術家の育成を事業目的として活動しているSPAC「変身」の公演スケジュールは→ http://spac.or.jp/die_verwandlung_2017.html
修善寺、三島、沼津駅から劇用までの無料観劇バスがあるそうです!

spac スパック
リーディングカフェ 変身 演劇部
台本 演劇
夜カフェ cafe
静岡カフェ カフェ巡り アルタナカフェ アルタナ altanacafe
静岡 富士市
図書館

Location

アルタナカフェ & ハナレアルタナ

【アルタナカフェ】
417-0054 静岡県富士市永田 67-14
富士市役所北裏通り
第一建設株式会社1F
<駐車場>
店舗向かい10台
店舗向かって右手5台
<お問合せ・ご予約>
0545-52-9504

【ハナレアルタナ】
417-0054 静岡県富士市永田 67-17
シゲノブビル1F
アルタナカフェ向かい
<駐車場>
カフェ共有・同上
<お問合せ・ご予約>
0545-51-8700

ベッソアルタナ

【ベッソアルタナ】
417-0851 静岡県富士市富士見台5丁目2-1
第一建設LivingDガーデン富士見台分譲地内
<駐車場>
有り
<お問合せ・ご予約>
0545-67-3939

ALTANA CONCEPT

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。
家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが
私たちの永遠のテーマであり、願いです。


私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の
内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを
感じさせてくれる存在でもあります。


誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を
垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。


そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方の
ヒントをつかむことができたら。


様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれる
スペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。


ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ
「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を
持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々な
ケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・家具・インテリア・建築・
各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば
過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

コンセプトShow

follow/ Share