ALTANA|アルタナ|或る棚

静岡県富士市役所北裏通|カフェ・図書館・インテリア・家具・リノベーション・ギャラリー

2月の絵本 テーマ:鬼

今日から2月に入りましたね!

カフェでは毎月、テーマに沿った絵本を用意しています。
2月のテーマは、「鬼」。2月3日の節分にちなんだテーマです!

今回はこの4冊♪
IMG_6012

IMG_6013

IMG_6014
おふくさんの おふくわけ
おにの子 あかたろうのほん
おにの パンツ
『おには そと

店内の本は自由にお読みいただけるので、
カフェ内キッズスペースにて、お友達同士で絵本を読みあったり、
お母さんに朗読してもらったりするお子さんの姿も見られます(^^♪

貸出も可能です。お一人様2冊まで、2週間の貸出となります。
お気軽にスタッフまでお声がけください!

鬼退治の節分の次の日は、二十四節気の「立春」、暦の上では春となります。
寒さも立春以降はだんだん和らいでくるとのことです。早くあたたかくなってほしいですね!
ペレットストーブで暖まった店内で、ゆっくり読書はいかがでしょうか。
ぜひ、アルタナカフェへお越しください!

ALTANA Concept

一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。

家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが私たちの永遠のテーマであり、願いです。

私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを感じさせてくれる存在でもあります。

誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。

そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方のヒントをつかむことができたら。

このたび、様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれるスペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。

杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々なケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・セレクトショップ・各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

LivingD Produce Shop

@ livingd_works_daiichikensetsu
@ caféLDK沼津
  • 2
  •  DELI
  • 2
@ home&café XOXO藤枝
  •  TULIP
  •  Thank yo
  •  Fine day
  •  Baby bed

follow/ Share