ALTANA|アルタナ|或る棚

静岡県富士市役所北裏通|カフェ・図書館・インテリア・家具・リノベーション・ギャラリー

持塚さんオリジナル缶バッチのガチャガチャ設置しました!

こんにちは。アルタナスタッフです。

或る棚Gallery「現代美術作家 持塚三樹の棚」展が始まって3日目。

カフェご利用の方、打合せのお客様、持塚展を目当てにいらっしゃるお客様など

様々なお客様にご鑑賞いただいています。

一般的な作品だけの展示とは違い、持塚さんの選書やセレクトした音楽、収集品や愛用品

の数々をご覧いただけるとあって、皆さん興味津々。

大変ありがたいことに「面白い!」とご好評をいただいております。

%e3%82%ac%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%83%81%e3%83%a3%e5%86%99%e7%9c%9f4

 

本日、会場に持塚さんご本人がガチャガチャの機械を持ち込んでくださいました!

カプセルの中身は…持塚さんのペインティング作品の絵柄のオリジナル缶バッチです。

何が出てくるかはお楽しみ!

%e7%bc%b6%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%81%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもから大人まで集めてみたくなること間違いなし。

価格も100円とリーズナブルで嬉しいですね。

ぜひ、お試しください!

ALTANA CONCEPT

ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


一日の、もっと言えば一生の大半を過ごす家の中。
家での時間は、より快適で満足度の高い暮らしであることが
私たちの永遠のテーマであり、願いです。


私たちの住まいや暮らしに欠かさず存在する「棚」は、家の
内装構成物であり、様々な生活用品を収納する機能を持ちます。
と同時に、住まう人の個性やアイデンティティーを
感じさせてくれる存在でもあります。


誰しも、人の家の本棚や飾り棚を見て、持ち主の趣味趣向の一端を
垣間見る体験をしたことがあるのではないでしょうか。


そういった意味で、「棚」はごく身近な自己表現の場と言えます。

今の自分の価値観にプラスして、より豊かな暮らし方の
ヒントをつかむことができたら。


様々なケーススタディーを自分に置き換えてリアルに感じさせてくれる
スペース、ALTANA(アルタナ)が誕生しました。


ALTANA(アルタナ)の名前の由来は、「或る棚」。


杓子定規の特定の棚ではなく、家の中に誰しもが持つ
「或るひとつの棚」を指し、同時に様々な可能性を
持つオルタナティブな空間であることも意味します。

このスペースに無数に存在する「棚」を活用し、カタチを変えながら様々な
ケーススタディーでライフスタイルの提案を展開していきます。

カフェ・ランチ・本・音楽・ギャラリー・ワークショップ・家具・インテリア・建築・
各種イベントを通し、一人で、または友人や家族と長く過ごせば
過ごすほど五感が磨かれていくことでしょう。

コンセプトShow

follow/ Share